売掛金回収の方法

もし取引の中で一つでも売掛金の相手の未払いがあるようなら、速やかに回収しましょう。たとえ少額であったとしても、売掛金未回収は大きなリスクになります。他の売掛金で未払いが増えたり、金融機関などからの自社への信用が失われたりする可能性があるのです。売掛金回収の方法には、以下のように非常に多くの選択肢があります。

まずは当事者同士での交渉です。そして内容証明郵便、または支払督促による回収です。弁護士に相談することや民事裁判です。最も簡単な方法が当事者同士での交渉ですが、これはあまりオススメできません。当事者同士での交渉はしばしば議論が平行線を辿り、事態が進展しないまま長期化していくからです。かといって弁護士に相談するとなると費用が心配ですよね。ですが、最近では相談だけであれば何度でも無料対応してもらえる法律事務所もあります。もちろん成功報酬は発生しますが、スピーディーな解決を望むならば弁護士に相談する事をお薦めします。

売掛金回収の最終手段は民事裁判ですが、これはとにかく疲れます。絶対に長期的に売掛金回収に労力を割く事になりますし、たとえ裁判に踏み切ったとしても売掛金が回収できる保証は100%ではありません。民事裁判は本当に、最後の手段として残しておきたいものです。

そこでこの記事では、「内容証明郵便による回収」、「支払督促による回収」という2つの回収方法についてご紹介します。これら2つの回収方法の共通点は、「相手にプレッシャーを与えて支払いを促す」という点にあります。